【男性脱毛】効果が出づらい脱毛パーツとは?【脱毛効果を上げる方法】
店長 鈴木
店長 鈴木

メンズ脱毛フィーゴ新宿店店長の鈴木です!
今回は『男性の脱毛で効果が出づらいパーツ』を紹介していきます!

今回の記事で分かること
  • 男性脱毛で効果が出づらいパーツとは?
  • 男性脱毛で効果が出づらいパーツがある理由
  • 効果が出づらいパーツでも脱毛効果を出す方法

脱毛しているけど一部分だけなかなか毛が減ってくれない…
なんでここだけ減らないんだろう?

脱毛に通っていて、なかなかムダ毛が減らない部分があるという経験はありませんか?

脱毛はすべてのパーツが同じように効果が出るわけではなく、中には効果が出づらいパーツも存在します。

今回はそんな『効果が出づらいパーツ』を紹介。

効果が出づらいパーツでも脱毛効果を上げる方法も後半で解説していくので「なかなかムダ毛が減らない」と悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

[temp id=2]

男性脱毛で効果が出づらいパーツとは?【毛が薄い部分は減りにくい】

店長 鈴木
店長 鈴木

男性の脱毛で効果が出にくいパーツは基本的に【毛が薄い部分】が多い!

脱毛で効果が出にくいパーツは『毛が細く産毛に近い毛が生える部分』です。

  • 背中
  • うなじ
  • 肩まわり
  • 二の腕
  • 鎖骨まわり

また、顔のパーツでは例外的に

  • 鼻下
  • 口角
  • 唇下

が減りづらい傾向にあります。

毛が減りにくい部分は中途半端に脱毛すると逆に増える可能性アリ

毛が減りにくい部分は中途半端に脱毛すると逆に増える可能性アリ

上記に上げたパーツは逆に脱毛によって『毛が増えてしまう可能性』があるのにも注意が必要。

この現象は【硬毛化】と呼ばれ、実はそのメカニズムは分かっていません。

一般的には

脱毛マシンの出力不足

毛根が中途半端に刺激される

本来よりも太い毛が生えてしまう

という要因が挙げられています。

硬毛化によって増えた毛は脱毛が難しく、かなりの回数を脱毛しないと無くなってくれません。

産毛のような毛が多いパーツはこの硬毛化のリスクもあるので、脱毛する際は慎重に行う必要があります。

ヒゲの脱毛では鼻下や口角、唇下が残りやすい

ヒゲの脱毛では鼻下や口角、唇下が残りやすい

男性の脱毛の中でも特に回数が必要となってくるのが【ヒゲ】の脱毛。

ヒゲ脱毛の中でも特に減りにくいとされているのが

  • 鼻下
  • 口角
  • 唇下

の3パーツ。

メンズ脱毛フィーゴの利用者の中でも、やはりこの3つの部分が最後まで残ってしまう男性が非常に多いです。

鼻下は毛が太く凹凸があるため効果が出づらい

鼻下の毛がなくなりにくい理由は

  • 毛の1本1本が太い
  • 毛根の量が多く密集度が高い
  • 凹凸があり照射が難しい

という理由が挙げられます。

顔のパーツの中でも断トツで回数がかかるので、アゴなどとセットでコース契約をしている場合は、鼻下のためだけに追加でコースを組み直す必要があったりします。

その点、メンズ脱毛フィーゴでは鼻下が独立したパーツですので他のパーツと自由に組み合わせることができ無駄がありません。

口角や唇下が減りにくい理由はよくわかっていない

同じように口角や唇の下の毛も最後まで残るケースが多いのが特徴。

理由は分かってはいませんが、どのサロンでの脱毛経験者もこの状態になる場合が多く、口角や唇下が他と同じように減ってくれるのは稀といえます。

メンズ脱毛フィーゴではこの対策として口角や唇の下を他のパーツよりもかなり細かく照射することを心掛けています。

男性脱毛で効果が出づらいパーツがある理由【脱毛の仕組みが影響】

店長 鈴木
店長 鈴木

効果が出づらいパーツが存在する理由としては【脱毛の仕組み】が影響しているよ!

脱毛効果に差が生まれてしまうのは【脱毛の仕組み】が関係しています。

脱毛の仕組みとは?

脱毛の仕組みとは?

脱毛の仕組みは『メラニンに反応し熱を発生させる特殊な光を照射し毛根にダメージを与える』というもの。

この熱量は【J(ジュール)】で表現され、このJが強いほど熱量が上がります。

エステで行われる光脱毛では2㎝×5㎝ほどのヘッドと呼ばれる照射面を毛に当てて脱毛を行います。

この2㎝×5㎝の面にJが均一に分散されて出力される仕組みです。

毛の濃さや密度で熱の入り方に差が出る

毛の濃さや密度で熱の入り方に差が出る

照射ヘッドにかかるJは一定ですが、受けるほうの毛の濃さや密度によって熱の入り方が異なるのが、脱毛効果が変わってきてしまう大きな要因。

常にヘッドから出るエネルギーは一定なので、毛が太いほど熱は入りやすくなります。

逆に毛が細いほど熱は入りづらくなり、脱毛効果が弱くなっていきます。

また、毛の密度(毛の量)が多いほど熱は分散するので効果が弱くなります。

上記に挙げた鼻下などは毛の密度が他に比べてかなり濃いことから、脱毛効果が出づらいというわけです。

光脱毛のヘッドは大きいため細かい部分の照射には技術が必要

光脱毛のヘッドは大きいため細かい部分の照射には技術が必要

光脱毛のヘッドはレーザー脱毛よりもかなり大きく、細かい部分の脱毛にはそれなりの技術が必須です。

脱毛はヘッドの面が垂直に肌に当たっていないと本来の効果が得られません。

細かい部分はヘッドを垂直に当てるのが難しいため、技術の無いスタッフが照射を行うと上手に脱毛できない可能性があるのです。

脱毛を行う際はしっかりと技術を磨いたスタッフがいるお店を選ぶのが重要。

HPなどで信頼できるかを判断するのは難しいですが、口コミなどを参考にして上手なお店を選びましょう。

効果が出づらいパーツでも脱毛効果を出す方法【ハイパワーで照射】

店長 鈴木
店長 鈴木

効果が出づらいパーツでも脱毛の効果を高めるには【出力】に注目!

効果が出づらいパーツでも高い脱毛効果を得るためには、脱毛マシンのパワーが重要

パワーが強ければ必然的に抜けにくい毛にも熱がしっかりと入り、脱毛することができます。

脱毛パワーでいえば圧倒的に『レーザー脱毛』がオススメ。

ですが、レーザー脱毛はパワーが強すぎるために麻酔が必要だったり、ひどい肌荒れを引き起こすというリスクもあります。

また医療機関のため脱毛料金がかなり高額になるのがネック。

こちらの記事で詳しく解説しています。

光脱毛で効果を得たいなら出力を調整してもらえるお店を選ぶ

光脱毛で効果を得たいなら出力を調整してもらえるお店を選ぶ

光脱毛(フラッシュ脱毛)で抜けづらいパーツにも高い脱毛効果を出したいのであれば、脱毛マシンのパワーを強めるしか方法はありません。

ここで重要なのは『お店側がマシンの出力を上げてくれるか』という点。

サロンの方針として出力を低く設定しているお店も多く存在するため、抜けづらいパーツを効率よく脱毛するのであれば、お店がいかに柔軟に対応してくれるかがキーポイントとなります。

出力を上げる際は肌荒れや火傷に注意!

出力を上げる際は肌荒れや火傷に注意!

強いパワーで脱毛すれば脱毛効果は上がりますが、その分肌トラブルへのリスクも上昇する点を注意しましょう。

脱毛で熱を加えるということは、カンタンにいうと『毛根を火傷させている』ということ。

つまり炎症が起きているので、この炎症が悪化してしまうと酷い肌荒れの原因になります。

また、肌表面の黒さにも反応を起こすことで火傷を引き起こすリスクも存在します。

抜けづらい部分へ強めに照射してもらう際はこれらのリスクも考慮したうえで、必ず施術スタッフに相談してから脱毛を行っていきましょう。

まとめ
脱毛で効果が出づらいのは【毛が細い部分】と【毛が濃く密集している部分】
効果を上げるためには脱毛マシンのパワーを上げてもらう方法が有力

いかがでしたか?

  • 二の腕や背中、うなじなど毛が薄い部分は脱毛効果が出づらい
  • 中途半端に脱毛すると硬毛化して毛が増える恐れもある
  • 鼻下や口角、唇の下などの毛が太く密集した部分は脱毛効果が出づらい
  • 脱毛効果が出づらい理由は脱毛の仕組みにある
  • 光脱毛のヘッドは大きいため細かい部分の照射には技術が必要
  • 効果が出づらい部分をしっかり脱毛するならマシンのパワーを上げてくれる脱毛店を選ぶ
  • パワーを上げる際は火傷や肌荒れに注

といった内容でお伝えしました。

店長 鈴木
店長 鈴木

背中や肩、二の腕は逆に増えてしまう男性も多いから、脱毛する際は必ずスタッフと相談してから脱毛しよう!

今回の記事で紹介したパーツは減りづらいのが特徴ですが、足やVIOなど、脱毛効果が出やすいパーツもあります。

産毛のような細い毛はそこまで目立たいので脱毛しないというのもひとつの手です。

メンズ脱毛フィーゴでは仮に増えてしまった場合でも対応できるよう、規定回数以上の脱毛を半額で提供する【脱毛完了サポート】をご用意しております。

もしも硬毛化してしまっても安く脱毛が可能なので、今回紹介したパーツを脱毛したいという方はまずご相談ください。

それでは快適な脱毛ライフを送っていきましょう!

[temp id=2]